モダンなワークフローのWebhook CMSが遂に一般公開された

待ちに待ったWebhook CMS(正式にはWebhook。致命的なググらビリティ) 無料トライアルを初めてみました。

特徴

  • Nodejs製
  • テンプレートSwigでスッキリ(WordPressは公式にTwigとか何か採用すべき)
  • Gruntで静的にhtmlをビルド
  • DB不要(Firebaseを採用)
  • GUIでの強力な入力フォーム構築機能(タイトルや本文、その他コンテンツ入力箇所すべて)
  • 管理画面があり、コンテンツの入力ができる
  • $25/月×1サイト(そこそこ高いかな)

Read more モダンなワークフローのWebhook CMSが遂に一般公開された

npmでパッケージをインストールする

パッケージ指定してをインストールする

ローカルにインストールする

以下のコマンドではカレントディレクトリ以下のnode_modules内にインストールされる

npm install <パッケージ名>

# 例えばexpressをインストールする時は
npm install express

#以下はショットカットで install と等価
npm i <パッケージ名>

#複数パッケージをインストールする事も可能。以下ではexpressとmochaをインストールする
npm install express mocha

グローバルにインストールする

npm installコマンドまでは同じでこれに-gを加える
できるだけプロジェクトローカルにnpmを管理するのが良いのでなるべく使用しない

npm install <パッケージ名> -g

インストールしたものを確認する

#ローカルにインストールしたもののリスト
npm list

#グローバルにインストールしたもののリスト
npm list -g

ただし上記のコマンドでは依存関係にあるものも表示されるので以下のコマンドで確認することができる

npm list --depth=0

#ただし2014/03/28現在--depth=0オプションにバグがあるようで以下のコマンドで代替できる
npm ls | grep ^├─

Posted in

Express3とPassportを触りつつGruntでサーバもブラウザもLivereloadするサンプルプロジェクト

express3_passport-google-example

Node.jsのフレームワークexpress上で認証ライブラリのPassportpassport-googleモジュールのサンプルプロジェクトを試そうとしたら、動かなかったので動くように修正したメモ。PullRequest送ろうかと思ったけど、僕の趣味でHandlebarsとかを勝手に選んだのでやめた。 Read more Express3とPassportを触りつつGruntでサーバもブラウザもLivereloadするサンプルプロジェクト

MeteorのサーバサイドをPhpStorm, WebStormでデバッグする方法

最近JavaScriptばっかり触っててて、PHPとは全然文化が違うなと感じています。

Meteorの魅力に関しては以下の記事を読んでもらえばよく分かると思います。

体感!JavaScriptで超速アプリケーション開発 -Meteor完全解説:連載|gihyo.jp … 技術評論社

クライアントサイドのデバッグには今までどおりブラウザを利用すれば良いわけですが、サーバサイドもJavaScriptで書かれているNodejsなど場合はどうすればよいのだろうということで調べてみました。

手順

  1. PhpStorm/WebStormにNodejsプラグインをインストール
  2. 再起動
  3. デバッガの設定
  4. ブレークポイントの設定とデバッガの起動
  5. オプション付きでMeteorの起動

Read more MeteorのサーバサイドをPhpStorm, WebStormでデバッグする方法