JetpackのJSONAPIプラグインでWordPressにアクセスする

access-with-jetpack_jsonapi
正確にはJetpackと言うプラグインの中のひとつの機能という位置づけですが、ちょっとおもしろそうにだったので実験。

デフォルトでONになってた気がするけど、不要ならOFFにしておいた方が良いかも。アクセスはWordpress.com経由で来るっぽいのでアクセス元を特定しにくいだろうし、取得できるデータはとても再利用しやすいから悪意があったら悪用し放題ですね。
Read more JetpackのJSONAPIプラグインでWordPressにアクセスする

プログラマ専用WordPressアプリケーション – Capsule

CapsuleはWordpressのテーマとして配布されているプログラマ向けのメモ帳。Wordpressをアプリケーションプラットホームとして利用している事例としても興味深いですね。

Capsuleの機能

  • Markdown記法
  • 履歴管理
  • 自動保存
  • メタデータ
  • シンタックスハイライト
  • 検索機能

Read more プログラマ専用WordPressアプリケーション – Capsule

スタイルガイドを管理作成するのに便利なPearsというThemeの紹介

スタイルガイドとは

マークアップの仕様に関する決めごと:本の題名表記を斜体にする、数字や日付の表記法、文献引用の作法など。

スタイルガイド – Wikipedia より抜粋

スタイルガイドを導入するメリット

  • 開発の段階でも運用の段階でも複数人の手が入った時の
    • 技術的差異にレイアウトが崩れを防ぐ
    • オレオレな書き方で保守性が下がるの防ぐ

スタイルガイドの重要度の向上

  • PSDなどの固定幅の画像よるデザインカンプの重要度の低下
    • CSSの表現力のリッチ化
    • 画面サイズの多様化

Pears are common patterns of markup & style – http://pea.rs

Collect, test, and experiment with interface pattern pairings of CSS & HTML. Pears is an open source WordPress theme, enabling people like you to get your own pattern library up and running quickly.

Pears are common patterns of markup & style

このPearsはWordpressのテーマとして提供されていて、CSSとHTMLのカスタムフィールド利用します。

製作者に知っていて欲しいWordPressのカスタムフィールドと検索の話

結論

カスタムフィールド系のプラグインを利用してカスタムフィールドの値をシリアライズ化して保存するプラグインは検索性を下げるので注意!絞込み検索を実装する時に苦労します。

そんな事知ってるし、何を今更ということでしたらそっとこのページを閉じて下さい。すみませんでした。 Read more 製作者に知っていて欲しいWordPressのカスタムフィールドと検索の話

[ 5倍高速化 ] WordPressにpjax用の子テーマ書いてみた。

WordPressにpjax導入してみた。”のつづき
githubにてtwentyeleven_pjaxにTwenty Elevenの子テーマとして公開しました。

遊んでみてください。以下テスト
Read more [ 5倍高速化 ] WordPressにpjax用の子テーマ書いてみた。

[wordpress]カスタム投稿タイプとカスタムフィールドを活用してよりCMSっぽくする。

WordPress › Custom Field Template « WordPress Plugins
WordPress › Custom Post Type UI « WordPress Plugins
この2つのプラグインで楽に構築できた。
function.phpに自分で記述できれば不要。

カスタム投稿タイプをnewsと仮定すると
個別ページのテンプレートは single-news.php
アーカイブのテンプレートは archive-news.php(カスタム投稿タイプの設定をhas_archive = trueとする。)

get_post_metaで投稿に設定したカスタムフィールドの内容を呼び出す。
カスタムフィールドでテキストエリアを設定した場合に改行を反映させる場合はphpのnl2brを使う。
PHP: nl2br – Manual

ID, xxx, true)); ?>

xxxはカスタムフィールドのkey

画像の場合は以下のように。
[wordpress]カスタムフィールドに登録した画像を呼び出す。 « bulblub

3.1以降はいろいろ楽になったらしい。

[wordpress]カスタムフィールドに登録した画像を呼び出す。

関数リファレンス/get post meta – WordPress Codex 日本語版
カスタムフィールドにkeyをimageとして登録した画像を呼び出す。

Function Reference/wp get attachment image « WordPress Codex
呼び出せるのはIDなので添付されてる画像を呼び出す。
サイズやアトリビュートを指定可能。

wp_get_attachment_image( $attachment_id, $size, $icon, $attr );

$size = thumbnail, medium, large or full
$default_attr = array(
	'src'	=> $src,
	'class'	=> "attachment-$size",
	'alt'   => trim(strip_tags( get_post_meta($attachment_id, '_wp_attachment_image_alt', true) )),
	'title' => trim(strip_tags( $attachment->post_title )),
);

サンプル(ループ内で呼び出す)

ID, thumb, true),full);?>

Post Thumb Revisited をインストールした時の注意点


Post Thumb Revisitedは素晴らしいプラグインだと思うんだけど、
WordPress内からインストールするとなんか変だし、作者のサイトに行くとChromeが警告を吐くので、
post-thumb-revisited – Project Hosting on Google Codeからダウンロードしてインストールした。
インストール後、最新版のはずなのにアップデート表示がでるけどとりあえず無視した。 Read more Post Thumb Revisited をインストールした時の注意点