Bulblub

vagrantの共有フォルダのアクセス権とグループを設定する

October 24, 2013

ホストはOSX, ゲストはUbuntu, VMはVirtualBox

Vagrantfileを用意

ラクちん便利なVagrantfileジェネレーターのPuPHPet。 この PuPHPet - Online GUI configurator for Puppet & Vagrant にcommmon.yamlをドラッグアンドドロップすると僕の生成した設定が復元されます。 common.yamlはこちらのgistから

Vagrantfileの修正

vagrantでsynced foldersオーナーやグループを変更するには、chownは使わずVagrantfileに書く。extraはmountoptionsと書くように変わったらしい(配列で書く)※ドキュメントには無い [Basic Usage - Synced Folders - Vagrant Documentation](http://docs.vagrantup.com/v2/synced-folders/basicusage.html)

config.vm.synced_folder “./”, “/var/www”, id: “vagrant-root”, :nfs => false

を以下のように変更

config.vm.syncedfolder “./”, “/var/www”, id: “vagrant-root”, :nfs => false, :owner => “vagrant”, :group => “www-data”, :mountoptions => [“dmode=775,fmode=664”]

Vagrantに設定を反映

$ vagrant reload を実行して設定を反映 以上、vagrantの共有フォルダのアクセス権とグループを設定するでした。

Tags:

Tomotsugu Kaneko

Written by Tomotsugu Kaneko who lives and works in Japan. Follow me on Twitter