DrupalのContenta CMSとReservoirについて

2017年の6月にReservoirはAcquiaから発表された時に、それ以前からあるContentaに立ち位置が近いの気になって時々状況を確認している。この文章は現時点でのスナップショット。

どちらもコンテンツをAPIで提供するというところで利用シーンが重複するものの、現時点でContentaはAPI FirstのDrupalディストリビューションでReservoirはコンテンツレポジトリというポジションに落ちこうとしている様子。具体的にはContentaは通常のDrupal APIでDrupalの守備範囲を広げ、ReservoirはAPIのみで守備範囲を限定してシンプルにしたものと理解した。現時点でどちらを使うかと考えたらContentaな気がするけど、非DrupalistでDrupalの学習コストを割きたくないならReservoirもあるかと思う。

両陣営一瞬険悪になった感じもしたけど、お互い歩み寄ってフィードバックもしてるっぽくて安心しつつ今後に期待をしている。

Contenta CMS

Reservoir

Enabling Memcached on Acquia Cloud work with BLT

Enabling Memcache on Acquia Cloud work with BLT

In /docroot/sites/default/settings.php add the following configuration code after requiring blt.settings.php.

require DRUPAL_ROOT . "/../vendor/acquia/blt/settings/blt.settings.php";
$settings['install_profile'] = 'lightning';

/**
 * Memcache setting.
 *
 * Enable setting if memcache service exists.
 */
if (\Drupal::hasService('cache.backend.memcache')) {
  $settings['cache']['default'] = 'cache.backend.memcache';
}

Asset PackagistでフロントエンドJSライブラリを管理

bower, npm の代わりにcomposer 経由でjsライブラリを管理する拡張。これはただのパッケージマネージャとして捉えるべきで、npm, yarn のようにビルドはスコープ外。

Drupalで言えば、モジュールレベルで必要だったjsライブラリの追加がcomposer 経由でAsset Packagist を利用することで簡単に追加できるようになった。

これを導入しない場合は、手作業でダウンロード・配置するか以下のサンプルのようにcomposer.json を書く必要がある。

{
        ...
    "require": {
        "drupal/chosen": "^2.3",
        "harvesthq/chosen": "^1.7"
    },
    "repositories": [
        {
            "type": "package",
            "package": {
                "name": "harvesthq/chosen",
                "version": "1.7.0",
                "type": "drupal-library",
                "dist": {
                    "url": "https://github.com/harvesthq/chosen/releases/download/v1.7.0/chosen_v1.7.0.zip",
                    "type": "zip"
                }
            }
        }
    ],
    "extra": {
                ...
        "installer-paths": {
            "docroot/core": ["type:drupal-core"],
                        ...
            "docroot/libraries/{$name}": ["type:drupal-library"],
        },
    }
}

Drupal Meetup Tokyo Vol.6で紹介したBLTのリンク

Drupal Meetup Tokyo Vol.6でツールについて話す時間をもらったのですが、全く資料などは用意して行かなかったのリンクと追加情報を少し

もともとAcuqia Cloudを利用する予定があり、ドキュメントを見ていた時に見つけたのがAcuqia Pipeline。これは2016/12/23現在プライベートベータでまだリリースされていません。そこで営業さんにメールをしたところ、まだリリースされてないからこっちはどう?的にBLTを紹介されました。

WP4.7になったら500エラーでアクセスできなくなってた。

僕はWordpressの自動アップデートを有効にしてるんですが、その自動アップデートの影響でアクセスできなくなっていたのでその解決のメモ。

エラーログから検索して、Topic: READ THIS FIRST WordPress 4.7 Master List « WordPress.org Forumsに行き着きました。

僕の場合プラグインに原因があったようで、提示されている解決策の「全てのプラグインを無効化する」で解決しました。とはいえ、管理画面にすらアクセスできないので別の方法で無効化し今度は逆にひとつづつ有効化していき原因を突き止めました。

手順

  1. プラグインを無効化する(無効化したいが、管理画面にアクセスできないので以下の2つの方法がある)
    • DBを直接いじる
    • SFTPで接続してプラグインのフォルダ(/wp-contents/plugins)を一時的にリネームする
  2. 無効化したら、管理画面にログインしプラグイン管理のページに移動する。ここの段階でフォルダをリネームした場合は元に戻して画面をリロード
  3. ひとつづつプラグインを有効化してみる
  4. ダメなのに当たったら、アップデートするか保留する

以上

レンタルサーバではじめるモダンなDrupal8環境

目的

Composerを使ってDrupalを管理したいし、できる環境を見つけておきたい。

けど、レンタルサーバってそれぞれ制約が違う
ソースコードで全てを管理しておけば楽なのでそうしたい。
中級者向けくらいの記事かなと思ってます。

レンタルサーバ探し

AWSとかHerokuとか使えばいいんだけど、そうじゃないケースもあったので探して見ました。最初の候補はさくらインターネットでスタンダードプランを試したけど、Drupal8が素直にインストールできなさそうだったのでやめた。サーバの制約で.htaccessとかを書き換えるとかはないかな。
次はXserver。結論から言えばここを試用中で、その詳細は以下から。
Read more レンタルサーバではじめるモダンなDrupal8環境

Mailchimpのグループとセグメントの違いあるいは使い分け

最近Mailchimpを触ってます。

いちサービス利用者としては興味のないメールが届くことほど嫌なことはないですが、役に立つマーケティングメールが届くとそのサービスの自分の中での評価が上がる派です。
配信側としては登録者に役立つ情報を必要なタイミングで届くようにしたい無駄なメールは届けたくない訳ですが、そこで役に立つのがグループやセグメント。

グループもセグメント登録者のリストを配信内容の文脈に沿うように分割して管理するための機能ですが、若干わかりにくいところがあるのでざっくりまとめました。 Read more Mailchimpのグループとセグメントの違いあるいは使い分け

Posted in

議論に集中したいオンラインワークショップで初めてRealtimeBoad使うメンバーに教えたい機能

先日書いたRealtimeBoard – オンラインでもワークショップを成功させたいという記事ですが、良さそうだったので早速実践投入しました。無事ワークショップの1セッションを乗り切ることもできましたし、使ってもらったチームのメンバーからも使い勝手について良いとの評価でした。

ただ今回はその評価ではなく、初めて使うメンバーへのツール導入する際にスムーズに使い始められるように意識した点について書きます。

画面越しのワークショップはコミュニケーションコストが高い

ビデオチャットなどの画面越しの会話だと「ここ」とか「これ」とか言っても相手に正確に伝わっているかわかりにくいものです。これは、実際に同じ場所に集まってワークショップを行うのに比べてコミュニケーションコストが上がり、本来注力したい議論に注力できず良い結果が出せないリスクがあります。

RealtimeBoadではコミュニケーションコストを下げる工夫がありますが、少しわかりにくいので紹介します。すでに使ったことがある方ならわかると思いますが、RealtimeBoadのよさは写真やテキスト、GoogleDocsやMicrosoftOfficeなどドキュメントを一枚のオンラインホワイトボードに乗せ俯瞰できるところにあります。そのためホワイトボードは広くなり議論の現在地を把握するためにはコツがあります。
Read more 議論に集中したいオンラインワークショップで初めてRealtimeBoad使うメンバーに教えたい機能

RealtimeBoard – オンラインでもワークショップを成功させたい

ワークショップとは

ワークショップは、学びや創造、問題解決やトレーニングの手法である。参加者が自発的に作業や発言をおこなえる環境が整った場において、ファシリテーターと呼ばれる司会進行役を中心に、参加者全員が体験するものとして運営される形態がポピュラーとなっている。会場は公共ホールや、スタジオ、美術館やカルチャースクール、ビルの1室、学校の教室を利用するなど様々。

ワークショップというのは、やはり参加者の気配や場の熱量を感じながら行うのが重要だと思っています。ですが、違う組織に所属していたりや地理的に離れた場所にいるメンバーとワークショップを行いたいと思うこともあり、オンラインでのワークショップを成功させるためにツールとしてどのようなものがあるか色々探してみました。

ツールが思考の邪魔をしてはならない

その結果見つけ出したのが、RealtimeBoardGoogle ハングアウトの組み合わせです。

RealtimeBoard操作が気持ち良く思考の邪魔になりにくいという点において優秀だと感じました。海外のサービスですが、日本語入力にも問題がなく手書き風のフォントにも対応しています。
また、Google ハングアウトは発言している人のカメラに切り替わるのが臨場感につながります。

RealtimeBoardの類似のサービスにCacooという有名なツールがありますが、どうしても思考の妨げになってしまう操作感なので採用はやめました(ダイアグラムなどを書くのには使ったりしてます)

RealtimeBoardについて

RealtimeBoardは操作感が良いということで選びましたが、機能が少ないわけではありません。むしろ操作する人のツールの習熟度によってそれなりの使い方ができると思います。あまり使い込んでませんが、サービス外部からのデータの取り込みや連携も充実しているようです。オンラインでワークショップ以外でも色々活用できると思います。

Take a tour, Online Whiteboard | RealtimeBoard

利用例

RealtimeBoard Examples, online whiteboard | RealtimeBoard

RealtimeBoard Examples, online whiteboard | RealtimeBoard 2016-03-25 16-53-51

料金プラン

Pricing Plans, Online Whiteboard | RealtimeBoard

  • 無料版はホワイトボード3つ
  • 共同編集者は3人
  • 閲覧は無制限

おわりに

そんなわけで、試している最中ですが良ければ実戦で使っていきたいと思ってます。