Bulblub

WSL 2でDrupal開発のためLandoからDDEVへ移行

December 22, 2020

丁度一年くらい前Manjaro Linuxに移行しましたで書いたようにMacbook ProからThinkCentre M715q Tiny + Manjaroに移行しました。この間もManjaroとWin10を併用していたのですが、最近またThinkCentre M75q-2 TinyにPCを更新したのをきっかけに完全にWin10環境に集約しました。AppleのM1チップもタイミング的にはかなり魅力的だったんですが、もう1世代か2世代待ってからでもいいかと思ってます。

Windows10に集約した理由

Manjaroは今でも好きです。ただDrupalと非Drupalプロジェクト毎(趣味やコミュニティ活動含む)にOS切り替えるのが非常に面倒だと思っていたのとWSL 2の中で全く問題なく生きていけるのが体感として分かったので、環境集約に踏み切りました。

DDEVに移行する理由

これはシンプルにLandoやDrupal VMがWSL 2にまだ正式に対応して無いためで、できればDrupal Meetup Tokyoでも利用しているLandoを利用し続けたかったんですが移行することにしました。いくつか対応方法はあるようですが、ここでハマりたくないのとDrupal.org的にはDDEV推しな空気を感じているので試してみようという気持ちもあります。シェア的には現時点で同系のツールではLando>Docksal>DDEVのようです。

DDEV環境の構築

手順はInstallation or Upgrade - Windows (WSL2)の通りですが、自分の環境ではWSL 2がすでにセットアップされていたので必要な箇所を掻い摘んで実行しました。

Windows側での作業

1は該当しなかったのでスキップ。2のChocolateyはできればWindowsをクリーンのまま保つためインストールしたくなくて避けてたのですが、mkcertの公式にchoco install mkcertとあったので観念しました。ステップ2から5までを実行し、これでWindows側の作業は完了です。(5で設定した環境変数がWSL 2のUbuntuに渡ってなかったので、ここでWindowsごと再起動して反映を確認)

wt_01

Ubuntu側での作業(WSL 2)

6から16までは一気にスキップしてこちらも入れたくなかったLinuxbrewをインストール。20まで実行したら環境構築完了。

DDEVでOpigno LMSをインストール

環境構築が正しくできているかの確認

snize/opigno-blt-ddev

git clone git@github.com:snize/opigno-blt-ddev.git
cd git@github.com:snize/opigno-blt-ddev.git
ddev composer install
ddev blt setup
ddev launch

2020年のDrupalアドベントカレンダーの4日目にOpigno LMS - Drupalでラーニングマネジメントシステム - Qiitaで書きましたOpignoをBLTに乗せてDDEVで環境構築してみました。(今回のブログで一番時間がかかった箇所)よかったら試してみてください。なにかあればお気軽にgithub issueで。

Opigno Login Page

以上です。

Tags:

Tomotsugu Kaneko

Webのフロントエンドからバックエンド、プロトタイピングからプロダクションまで。定額の開発サービスも。詳しくはAboutページで。