Bulblub

Manjaro Linuxに移行しました

November 19, 2019

検討から購入まで

仕事で愛用しているMacBook Pro (Retina, 13-inch, Early 2015) のWindow Managerが一日に一度程度暴走するようになり、一旦暴走し始めるとCPU使用率が60%からなかなかさがらないので困っていました。

新しい16インチのMacbook Proの発表の噂もあったけど、悩んだものの大きすぎるので見送ることにした。

近いうちにWSL2もためしてみたいし久々に自作PCすることも検討したけど、ゆっくり検討する時間ももATXケース置く場所もないなーと思ってたらRyzen APUを積んだ超小型デスクトップマシンがあることを知る。

ThinkCentre M715q Tiny、サイズはMac Miniサイズでキャンペーン適用し不要なパーツを外してなんとお値段なんと¥33,110

購入時の構成は以下のような感じ

  • AMD Ryzen 5 PRO 2400GE (3.20GHz, 4MB)
  • Windows 10 Home 64bit
  • 8GB PC4-21300 DDR4 SODIMM
  • 128GB ソリッドステートドライブ (M.2 2242, PCIe-NVMe)
  • 内蔵ギガビットイーサネット
  • 内部モノラルスピーカー
  • HDMIポート

これにSSD 500GBとメモリ16GBを別途買い足し換装(+15,000)

  • Samsung SSD 500GB 860EVO 2.5インチ
  • PATRIOT パトリオットメモリ ノートパソコン用メモリ SODIMM DDR4 2666MHz PC4-21300 16GB (8GBx2枚組) CL19 PSD416G2666SK

合計5万円以下で新しい環境を手に入れました。

Linuxへ

Win10をさわったもののやっぱりいまいちしっくり来なかったのとWSL2は2020年の5月頃とのことなので昔さわったことのあったDesktop Linuxの世界へ。ただし、ここからが茨の道。。。

試したLinuxディストリビューションは以下の3つ

  1. elementary OS
  2. Ubuntu 18.04.3 LTS
  3. Manjaro

elementary OS

アプリやUIもよく調整されていて、好印象。もはやこれで良いと思ってた。

負荷がかかるタイミングで完全にフリーズする

メジャーなOSの方がやっぱりいいかな?と思い

Ubuntu

やっぱり負荷がかかるタイミングで完全にフリーズする。Linuxカーネルのバージョンを疑い始める。5.0系だったはず。

Manjaro

RufusでLive USBを作成するも起動せず。USBWriterで作成すると起動。

Manjaro KDE

現時点でLinuxカーネルは5.3系

ディスプレイ上のウィンドウを動かすとノイズが発生(ドライバの問題か?)

Manjaro Gnome

関係ないとだろう思いつつ一応試す。治った(なぜ)

OS選定

Manjaro GnomeでManjaro KDEにあったようなノイズは発生しなくなった。ただし、やはり瞬間的に負荷がかかるような処理でフリーズはすることがある(かなり少なくなった)。Arch Linux系は初めて触ったけど、非常に良い感じなのでUbuntuに戻さずこのまま使うことにした。

まとめ

5万円以下で、快適な環境が手に入ったので非常に満足。OSに不安定さが多少残るものの問題のないレベルまで落ち着いた。Arch LinuxベースのManjaroはかなり良い。

その話とセットアップ編は今度書く。

Tags:

Tomotsugu Kaneko

Webのフロントエンドからバックエンド、プロトタイピングからプロダクションまで。定額の開発サービスも。詳しくはAboutページで。