Headstart.ioですぐにはじめるモダンなフロントエンド開発

日本語での紹介記事がなかったので書いてみます。

ここ数日のソーシャルニュースではWeb Starter Kitが話題ですね。Headstartも似たようなもので、フロントエンド側のWEB制作における最新のベストプラクティスを詰め込んだ、すぐにはじめる為のツールキットです。Landscaping With Front-end Tools でWeb Starter Kitの隣にあって気になったのが出会いで、久々にコーディングのみの仕事を頂いたので最近のコーディング環境に乗っかってみようと思い導入

Headstart

Web Starter KitとHeadstartどっちにするか

Headstartにした理由は以下の感じ

  • テンプレートエンジンが組み込まれていた
  • ドキュメントがそこそこ充実してた(フォルダ構造の意味とか、ライブラリの取り込み方とか)
  • ベータ版ではなかった

Headstartを使って驚いたこと

  • Sassは知っていたけど必要ないと思ってた、AutoPrefixやその他Sassライブラリ超便利
  • BrowserSyncってただのLivereloadだと思ってたけど、複数マシンの複数ブラウザ操作を同期してくれて外部ディスプレイ活用しまくり、超便利
  • Sass3.3とBEMHandlebarsが相性いい

一番驚いたのはこれらのセットアップが一瞬で終わりすぐ開発がはじめられること

ほんとSassのライブラリとかgulpとかって、付随するライブラリ選びから始めようとするとどれを選んでいいのか、そもそも何が必要なのか分からなくて大変。その点、Headstartは「一番よさげな組み合わせを用意しておいたよ」的な感じがいい。

不満点

  • HTMLとCSSはよいとして、JS周りは微妙か。Coffeeで書きたい
  • Jquery系以外のライブラリ使いたい(自分で用意すればいいのか)

まとめ

最近のフロントエンド開発の自動化の波に乗りたくても乗れてない人がとりあえずはじめてみるのよいとおもいました。以上おすすめでした。

Comments

Posted in